日々増えるタスク

ToDoリストを作る

ToDoリストという言葉は、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
それほどにやることの整理する上で代表的な方法と言っても過言ではないでしょう。
ToDoリストとはどんなものか。予めやるべきことを書き出して、ひと目でわかるようにしておくリストです。
日々増えていくタスクが増えすぎて、どこから手をつければいいかわからないということ、あると思います。しかしそれは一枚の紙に書き出して、整理することであっさり解決出来ることも多いんです。
リストを作ることで頭の中を整理するだけでも、だいぶ違ってくるはずです。そこに優先順位などもつけられるようになれば、どういうプランでタスクを消化していくか、自ずと道は見えてくることでしょう。

作る上でのポイント

それでは、実際にどのようなリストを作っていけば良いのでしょうか。簡単な、そして大切なポイントを紹介していきます。
まず大切なポイントの1つ目は「シンプルにまとめること」です。ToDoリストに入れるのは、やるべきことだけに絞りましょう。今やらなくても良いことまで詰め込んでしまうとかえってわかりづらくなり、効率性が損なわれてしまいます。
2つ目は「優先順位をつけすぎない」ことです。よく優先順位の高いものを赤字で書く人がいるのですが、優先順位の高いものが多すぎると自身へのプレッシャーになりかねません。
最後に「具体的なタスクにする」ことです。
例えば「あの案件を進める」のように曖昧で抽象的な書き方にすると「あの案件で何から手をつければいいのか」と、堂々巡りになってしまいます。上の例を具体的なタスクにするなら「あの案件でこれをやる」というように何をするかを明確にしておくとわかりやすくなります。


B!